読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち日記(旅と仕事と日々ごはん_時々走り)

ダイアリーから移行しました

11/12-11/16 日々23時頃まで仕事


生活が荒れている感じがする。連日23時頃まで職場にいた。何がそんなに忙しいって、なんなのだろう。どうしても自分が関わらなくてはならないこと以外は部下に任せたほうが良いに決まっている。普段からつねにそう意識していないと、一気呵成に何かを仕上げなくてはならない時のスピードに部下がついてこれないというハメになる。育てることも自分の仕事、という意味では、自分はやるべきことができてないなぁと思う。


11月12日(月)


職場を出たのは23時15分頃だったかな。自分から、明日を〆切に設定した原稿が一文字も書けないまま他のことに関わっていたので、資料を持ち帰る。1500字程度の原稿なので、自宅でビールを飲みながら書き上げてしまう。韓国関係の原稿なので、これだけは自分で書きたい。再編集して別の媒体に使うぶんは明日の朝部下に回そう。就寝2時。


11月13日(火)


朝、iPhoneで日経を読んで、終わったのでツイッターを眺めていたら「死霊添付しました」と客にメールしてた、というつぶやきがあって、ツボにはまって笑いが止まらない。大丈夫か自分。日中はなんとか法律系の案件の報告書のチェックを終える。



11月14日(水)


遅くまで仕事していたら「京都出張で駅弁買ってきたから早く帰ること」と夫からメール。駅弁は「ふわふわ卵の鶏カツ弁当」。ウマイ。ウマイけど24時にもなろうという時間に揚げ物弁当を食べていていいわけはたぶんない。ないけどしかたない。


 


11月15日(木)


別部隊が提案書仕上げる日。私は別件の立ち上げ直前プロジェクトのほうの追い込みがあり、どうにか明日にはカットオーバーできる見通しになったので気を抜いていたのがバレたのか、今日仕上げの提案書の部隊に入ってくれと要求。いいっすよと言ったものの、動きに入ってみれば、中身がよくわかってないので、というメンバーと、オレこういう提案書経験ない、というメンバーがそれぞれ腰の引けたまま作業を先延ばしにしている。待ったなしなので自分が関わることにする。まあ、こういうことをしているから遅くなるわけなんだなあ毎日。
22時前に提案書を叩き出して帰りたいところだったが、明日の打ち合わせの準備で話しておきたいことが、と呼ばれ、雑談も交えているうちに23時を過ぎた。眠いから帰っていいすかねぇ、と頼んで帰らせてもらう。眠いってばマジで。


といいつつ、寒くなってきた今日この頃。0時を過ぎて最寄り駅に着いたので、富士そばで鶏ほうれん草うどんを食べて帰る。演歌を聞きながらオヤジにまじって富士そばで食事している自分とは。



11月16日(金)


日々生活が荒れている感を強めているが、遅くに帰るので夫が用意しておいてくれたおかず類が残っていたので、残り物やら野菜の切れ端やらをお弁当箱に詰めて持っていく。それだけでもずいぶんと生活の荒れた感がなくなる。普段野菜がなかなか取れないもんなー。


今日は早くしまおう。というかさすがに連日の睡眠不足で頭がうまく働かない。帰路につき、近所の居酒屋、斧山に初見。ずっとサザンがBGMでかかっていて、懐かしすぎる感じ。若かった頃の自分に、気分だけ戻る。雰囲気よし。ぬか漬けも美味しかった。なにはともあれ週末だ。