読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち日記(旅と仕事と日々ごはん_時々走り)

ダイアリーから移行しました

3/28-4/3 花見本番決行

3月28日(月)

 

起床 05時40分、くもり。バナナ、清見、ヨーグルトのジュース。弁当。 その後記録なし。

 

3月29日(火)

 

起床 06時45分、晴れ。透明だが粘着質のはなみずが延々と出る。どうした私。 出社して仕事しているとおなかが痛い。なんだこれ、もう帰ろうかなと思うが、そのうちいつの間にか治っていた。午後から客先打合せ準備し、あたふたと行く。一癖ありそうな先方側リーダー。オフィスに戻る。作表の横串確認でかなり時間が取られる。23時まえにあがり。帰宅して肉豆腐とサラダとキッシュと春巻、まぐろ巻。食べ過ぎでしょう。

 

3月30日(水)

 

今日はいったい何曜日なのよ。二度寝して起きたら8時。会社に着いたら9時半すぎ。 期末明けにすぐやってくる業務のためのデスクワークと午後の報告準備が大きめの目の前の石。あいまに種々原稿のレビュー、顧客ヘルプ対応など。今日の昼はろくなことにならん、と朝から諦めていたが、想定通りサンドイッチに終わる。午後の報告会は簡単気味に終わる。オフィスに戻り、4月1日からスタートするプロジェクトのキックオフ。くっそ忙しいのに形式的なことで書類を戻してくるなや上長よ。その後、2件並行で報告書のレビュー。期末に向けた請求書やら完了届やらを準備。23時すぎあがり。

 

3月31日(木)

 

午前、自宅で数字仕事。

昼前、終了済みプロジェクトの反省会。プロならば、「できませんでした」は許されない。できなさそうならば組織でそれを救うのも当然のこと。早めにアラートを出さないこともプロとして許されない。あまりに基本だ。そのほか、あれこれかなりトラブルを抱えたプロジェクトだったのだなと改めて思う。どれもこれも炎上には至っていないのが幸いだったが、普遍的な課題がいくつか可視化できたのは良かったと思うべきだろう。

その後、また数字仕事。夕方から月次報告。いろいろ上向き?と言われて、まあその通りではあるし、一部では圧倒的な強さと信頼を得ているわけだが、圧倒的に儲かるようでないと、勝ちとは言えない。

デスクに戻り、データ整備待ち。待ちなかから他のことをやる。結局本日中には少なくともお持ちできない公算が強くなり、顧客に電話し、22時頃あがり。 カツサンド。サラダ。しばし解放感。

 

4月1日(金)

 

早起き、コーヒー入れて二度寝。起きて弁当詰めて9時すぎ出社。午前にお届け、昼メシ後、書類仕事。目がかすむ、だいぶひどい。会議、雑用。21時すぎあがり。阿佐ヶ谷の「安」でチーズトッポッキ、スジ煮込みなど。はー疲れた。

 

4月2日(土)

 

なにもしないと決めた日。 といいつつ洗濯、掃除。散歩に出かけ、吉牛みそ汁付き。帰宅して風呂につかり、雑誌を読む。 昼はサラダと、なんだっけな。おなかすかない。 昼寝、起きてアマゾンビデオを初挑戦。迷った末にグラントリノと海街ダイアリーを購入。 海街ダイアリーを見る。静かで良い映画。日本人である自分の繊細というか細やかなところを刺激してくる。是枝監督はなんとなく好きだけど、繊細さと規模感はやはり両立しないのかな。こぢんまり感が否めない。

夜、ナマステヒマールへ。 なんと、私たちが入店したとたん次々と客が入り、満席になる。調理場はナンを焼きっぱなしで大変そうだ。 カレーは中辛で良い。マサラは玉ねぎたっぷりで甘くなっている。夫と過ごすゆったりした時間。

 

4月3日(日)

 

6時起き。えーっ、雨じゃないの。

雨が上がるのを待ってお弁当持って善福寺川緑地へ。 たけのこごはんのおにぎり、ごぼうたたき、みょうがとかぶのぬか漬け、ウインナーとうずら、アスパラとえのきのベーコン巻、エビとスナップえんどうのエスニックサラダ、しいたけマヨ、ちくわのキュウリとチーズ。 肌寒いので大根と油揚げのみそ汁をポットに詰めて。敷き物敷いて、お弁当広げ、出羽桜を飲む。うーいい気分。 週末はこうして終わったのだった。