読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち日記(旅と仕事と日々ごはん_時々走り)

ダイアリーから移行しました

5/6 札幌から帯広へ

5時半起き。6時半に宿を出て、散歩がてら卸売市場まで歩く。

散歩日和。街の中心にある大通公園を犬を連れてゆるゆる散歩する人々を見ると、自宅のごく近くに公園と街の中心とがある生活が無性にうらやましい。
3キロほど歩いて市場に到着。

八百屋で旬のアスパラを物色していたらお店のおじさんが、今日のアスパラは8時過ぎに入荷するからまたあとでおいでという。それまでの間朝ごはん食べたい、と言ったところオススメの店を教えてもらえた。

まるさん亭。2人で海鮮丼を一人前、鮭ハラス焼き、カニ汁。海鮮丼は私史上最高かも。いくらのぷりぷり度、まぐろの雑味のない、濃い味。カニ汁も毛ガニがたっぷり。うまーい。
満足して八百屋に戻り、自宅と妹の家にアスパラを送る手配をする。その後地下鉄でホテルまで戻り、荷造りして駅へ。列車で帯広まで。車窓から白樺の並木や、牧場が時々見える。広々してのどか。
帯広に着いてホテルにチェックインし、夫はひと休み、私は六花亭本店へ。2階の喫茶でコーヒーとマルセイアイスサンド。あまっ。でもなんとものんびりして良い。コーヒーも250円とお手頃なのにおかわりできる。若いウェイトレスが慣れない手つきでおかわりを注いで回っている。なんだかかもし出す雰囲気が山の上ホテルみたいだ。あたたかいもてなしを受けているような。会社の経営にふところの深さを感じさせる。
さて、駅前で夫と待ち合わせてばんえい競馬へ。これはもう走りじゃなくそり引きレースだ。久しぶりの競馬、楽しくゲームに興じた。スタート地点、ゴール地点、パドックと歩き回る。カレーラーメンとか食べる。9レースまで見て、街に戻る。年下の友人オススメ鳥せい。炭火焼が名物らしく、確かにうまい。

街をふらふらしたが、結局は二次会寄らずにホテルに戻って風呂に入り、飲み直す。長かったお休みも明日までだ。

f:id:machiko:20170507172348j:image 

f:id:machiko:20170507172402j:image

f:id:machiko:20170507172416j:image

f:id:machiko:20170507172442j:image

f:id:machiko:20170507172457j:image f:id:machiko:20170507172510j:image

f:id:machiko:20170507172528j:image

f:id:machiko:20170507172536j:image

f:id:machiko:20170507172549j:image f:id:machiko:20170507172558j:image