まち日記(旅と仕事と日々ごはん_時々走り)

ダイアリーから移行しました

初見の店


阿佐ヶ谷に住んで約7年になるが、まだ行ったことのないお店はたくさんある。ふと思い立って、行ってみることにしたのが、ここ。↓

最後の2$

食べログ最後の2$


外から見ると結構いつもお客さんが入っているので気にはなっていたんだけど。
と、中に入ってみると、どう表現したらいいのかわからないけど、外から見るよりもなんだかとっても落ち着く雰囲気。山小屋風というかロッジ風というか。テーブル間のスペースも近すぎず遠すぎず。
そして、お料理の量がたいへん!


いわし南蛮(あじだったかも)、山芋の磯辺、はんぺんチーズ揚げ。そしてオムレツは裏メニュー。ちょうどお隣のお客さんとカウンターのお客さんがいずれも煮込みハンバーグを頼んでいたので、夫もそれを頼んだらあいにく今日は終わっちゃった、ということで、ご主人が特別に煮込みハンバーグのソースを使ってオムレツにしてくれた。これがまたおいしくて。そしてデカくて。


 
 


人気がある理由がなんだかわかるような気がした。


杉並区に特殊なイメージを持っているわけじゃないが、なんとなく杉並区というよりはどこか、板橋区とか、豊島区とか、もっと食べ盛りの若者が住んでいる地域にありそうな店だなーとか考えていたら、そういえば、今から30年ほども前、たまたまどこかの飲み屋で知り合った作詞家の方に、板橋のスナックに連れて行ってもらって、その店の名物、ロールキャベツがとてもおいしかったことを唐突に思い出した。

あの時のあの作詞家の方はどうしてらっしゃるんだろう、となんだか懐かしく思って少しググってみたら、昨年に亡くなられたそうな。ずっとお付き合いがあったわけではないんだけど、ご縁のあった方の亡くなった知らせを聞くのはちょっと悲しい。