まち日記(旅と仕事と日々ごはん_時々走り)

ダイアリーから移行しました

ジャズの喧騒を逃れて


朝、散歩。駅前はジャズストリートの準備中だ。昨日今日と阿佐ヶ谷は恒例のジャズフェスティバル。



昼前に家を出てなか卯で腹ごしらえ。鶏塩うどん。さっぱりしてるのかと思いきや、しょっぱいし、脂ぎってるし、自分の好みとはかなり違った。若者の食べ物だろうと思う。



六本木に向かう。約3時間のシンポジウム。客入りはそれほど良くない。自分も含め普段からこのテーマに仕事で関係のある人以外は、ほとんどいなかったのではないか。場所柄、この分野のシンポジウムにしては若者が多かったようにも思うが、なかなか、仕事としてではなく、自分たちの生活の問題として、テーマに関心を持つ人を増やすのは骨が折れることだと思う。
ただ、それにしてもやはり社会的なテーマというのは、このテーマに限らず、皆が等しく関心を持つことなんてあり得ないわけで、先駆的な一部の人間がある程度方向性を示すなり、考え方の枠組みを示すなりしないと、どこに向かっても動かないのかなという感じがする。


シンポジウムのあと、ひとりで銀座へ。アップルストアをのぞくも、まだiPadMiniのモックアップもないのねえ。その後、秋〜冬のワンピースを買いに。


やっぱり、ここ。いいです。なんというか、ちゃんとさまになる。ジャージだけど仕事に着ていける。1着お買い上げ。


kay me


地元に戻る。阿佐ヶ谷はジャズフェスティバルで人がいっぱいだろうから今日は高円寺で途中下車。上島で資料を読みながら時間調整し、夫と待ち合わせ。
駅前のひなびた居酒屋というか小料理屋へ。


座敷にとおされる。まるで地方の旅館みたいな雰囲気。
お通しは野菜料理を含めて他種類。これまたしゃれてなくてよろしい。



塩らっきょう、さつまあげ、あじたたき、鶏天。
店の名前とおり、九州料理が売りのようだ。どれもごく普通の味。ここは昭和の旅館なのか…と錯覚するほどだ。






むこうのほうにはおそらく70代とおぼしき同級会風の集まり。つまりそういう店なんだな。温泉旅館にでも行ったような気持ちでこれはこれで悪くないわけで。


九州路

食べログ九州路